シャープな輪郭で周りから羨望の眼差し|小顔を目指してエラ削り

もう髪の毛で隠さない憧れの小顔に

顔の印象を変えたい人へ

美容整形

エラの張りを改善するための治療法は、エラの張りの原因によって異なります。美容整形を利用する場合は、下顎角という骨の出っ張りが原因ならば、エラ削りが有効です。筋肉の発達による張りには、ボトックス・ボツリヌストキシン注射が有効です。頬のくぼみが原因ならば、脂肪注入・ヒアルロン酸注入が有効です。

読んでみよう

輪郭の修正手術

フェイス

輪郭の出っ張った部分を削る美容整形には確実な小顔効果があります。顎骨、エラ骨、頬骨などの余分な部分を削ってしまえば、その効果は半永久的です。エラ削りや咬筋削りはエラが出っ張っている人に人気の手術です。

読んでみよう

エラの張りを解消する

カウンセリング

骨を削る手術

美容整形では、エラが張っている場合を対象にエラ削りが行われています。エラが張っている状態とは、耳下の顎に通じる部分の幅が大きくなっていることです。この部分を正式に言うと下顎骨の下顎角という部分になり、骨格によるものです。骨自体がそういう形をしているのであれば、目立つ部分を改善するには骨を削らなければいけません。エラの張りが気になる場合は、この美容整形でエラ削りを受けることによってスッキリとした輪郭になれます。エラ削りの具体的な美容整形は、口の中から切開して骨を削っていきます。全身麻酔となるので安心して受けていくことができ、口の中から行うので傷跡は目立ちません。術後は多少のダウンタイムと口の中の違和感を覚えますが、半年以内には回復します。エラ削りの手術を受ける前に、入念にカウンセリングが行われます。CT画像で骨格の特徴を把握していき、手術でどの部分をどのように削っていくかが決められます。それを十分に説明してくれるので、納得した上で手術が受けられます。どのようなラインにしてほしいか希望があればそれに沿って行われ、自然な見た目を実現してくれます。真正面から見た感じと横から見た感じのシミュレーション画像を見比べることもでき、理想の顎のラインが美容整形で目指せます。シャープな輪郭で周りから羨望の眼差しを向けられるでしょう。

理解しておきたいこと

エラが張っている状態は、骨格だけが原因となっているわけではありません。顎につく筋肉が張っている場合でも、エラが目立つようになる場合もあるのです。そのため、カウンセリングでは入念な検査を行い、原因を突き止めていきます。骨格ではなく筋肉が原因となっている場合は、エラ削り以外のボトックス注射が行われます。このボトックスとは筋肉の働きを抑えていく作用があり、これで筋肉の張りが落ち着くようになります。一定期間しか効果は続きませんが、手術と比べたら負担も少なくなっています。エラ削りを希望する場合は、まず骨格か筋肉によるものかが調べられます。骨格が原因でエラ削りを受ける場合は、美容外科によっては入院が必要になる場合もあります。また、慎重に検査を行うため、その分時間がかかることも理解しておかなければいけません。ある程度の知識を身につけるようにし、術後の予定も考えながら受けていくことが大切です。また、エラ削りの美容整形は、それなりの経験や高度な技術も必要になります。このため、エラ削りの実績のある技術の高い美容外科であれば信頼もできます。なるべくそういったところを探していくようにし、安心して受けられる体制であるかを確認するようにしましょう。

美容外科での輪郭形成手術

整形手術

顔の横幅の悩みを改善する整形手術にはエラ削りという方法があり、骨格を削ることで神経や皮膚に影響が出るものの大きな効果が得られます。他に負担の少ない治療法がないかを検討しながら、いくつかのクリニックを受診してエラ削りを検討することが大切です。

読んでみよう

半永久的な小顔形成法

顔を触る婦人

エラ削りは角ばった顎を修正し、小顔に見せる効果の高い整形手術で、顎の後ろや口の中を切開して骨を切り取ります。大がかりな手術になり高度な技術が要求されるとともに、ダウンタイムも長めなので注意が必要です。

読んでみよう