シャープな輪郭で周りから羨望の眼差し|小顔を目指してエラ削り

ウーマン

顔の印象を変えたい人へ

美容整形

エラの悩み

自分の顔にコンプレックスはありませんか。人それぞれ様々なコンプレックスを持っているとは思いますが、そのコンプレックスをどのように解消しているのでしょうか。最近では自分でできるマッサージやサプリなどを利用する人も多いですが、やはり自分の力でできる事といっても限界があります。そんなときに考えて欲しいのが美容整形です。整形と聞くとやってはいけない事というイメージを持っている方も、いまだに多いのが事実です。しかし整形をすることにより、その人の生き方や人生そのものが良い方へと転がることも多くあります。整形をすることで気持ちを変え、明るい人生を送ることができるのであれば、それはれっきとした治療と言えます。エラの張りに悩んでいる人は、いくつか治療方法があることを知っておきましょう。まず、一括りにエラが張っていると言っても、その原因はいくつかある事をご存じでしょうか。世間でも良く知られるエラ削りが適応されるのは、骨が出ている事が原因でエラが張っている人です。その他の原因としては、エラの部分の筋肉が発達している場合や、頬がくぼんでいることで、エラが張って見える場合が挙げられます。これらの場合は、エラ削りではなく他の治療法が適しているため、適切な治療を受けるためにも、エラの張りの原因をきちんと見極める必要があります。エラ削り以外にもエラを目立たせなくする方法はいくつかあるので、一度カウンセリングを受け、自分に合った治療法を知ることをおすすめします。

具体的な治療方法

エラの張りへの治療方法は、エラ削りだけではないということはお分かりいただけたと思いますが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。まずエラ削りですが、こちらは文字通りエラと呼ばれる下顎骨の下顎角の部分を削るというものです。全て口の中からアプローチする手術のため、外から見える傷はなく、その点は安心して受けられます。全身麻酔を使った大がかりな手術となること、手術後に1日程度の入院が必要になる場合が多いので、副作用などの点も含め、このあたりの事は知識として知っておく必要があります。次は、ボトックス・ボツリヌストキシン注射を使用する方法です。こちらは筋肉が必要以上に発達している事が原因でエラが張っている人に効果的な治療法です。その発達した筋肉の部分に、筋肉の動きを和らげるボトックス・ボツリヌストキシンを直接注射し、シャープにするというものです。一回の注射で6〜12か月の効果がありますが、効果を継続するためには定期的な注射が必要になります。最後は、ヒアルロン酸注入や脂肪注入などにより頬をふっくらとさせることで、エラを目立たなくさせる方法です。これは頬がくぼんでいる人に有効な治療法です。ヒアルロン酸注入は短い施術時間で1年ほど効果があり、脂肪注入は、自分のお腹や太ももから吸引した余分な脂肪を頬に入れるため、半永久的な効果が望めます。このように、タイプによって治療法は異なりますし、掛かる時間や費用、リスクの大きさも様々です。治療を行う際は、自分が納得した上で行うようにしてください。また、一度に大きな成果を望むのは失敗の原因となります。リスク管理もきちんと自分でするようにしましょう。