シャープな輪郭で周りから羨望の眼差し|小顔を目指してエラ削り

ウーマン

美容外科での輪郭形成手術

整形手術

手術の注意点

目元や鼻というパーツとともに、顔の印象を大きく左右するものとして輪郭が挙げられます。特に顎からエラにかけての骨格は顔の長さ、横幅の印象を変えるため、美容上の悩みに繋がりやすいです。他の部位が化粧品や美容グッズで手軽に改善できるのに対し、輪郭の悩みは骨格の問題であるために解決が難しいというのが特徴的です。そのため、美容外科でのプチ整形や、大きな効果を得られるエラ削りによる本格的な整形手術が人気です。エラ削りの注意点として、効果が大きい分、骨格を削るので神経や皮膚への影響が避けられないという点があります。術後に腫れやしびれが続くだけでなく、骨格の変化で気道に影響が出て重篤な副作用に繋がることもあります。そのため、エラ削りの整形を受ける際は負担が少ない他の治療を事前に試しておくといいでしょう。顔の横幅を変える整形ではエラの筋肉を縮小させるボトックス注射など、短時間で日帰りも可能な治療法があります。このような負担の少ない治療法から始め、それでも悩みが解決しない場合はエラ削りを検討しましょう。入院や高額の費用を伴う手術なので、医師やクリニックのカウンセラーと何度も話し合うことにも注意が必要です。エラ削りは副作用や術後の回復の問題はあるものの、確実で大幅な変化を得られる美容整形なので、十分に手術内容を理解をしながら活用するといいでしょう。

セカンドオピニオンの活用

骨格を削る本格的な手術となるエラ削り整形では、通院しているクリニック以外にも相談するセカンドオピニオンの考え方が役に立ちます。セカンドオピニオンは主治医以外の医師に治療方針や他の治療法について相談することで、現在メインとしている病院での治療より自分に合ったものを選べる可能性が高まります。美容外科での整形手術の費用はほとんどが自費負担となり、クリニックによって料金に大きな差がありますが、その分独自の手術法を提供したり最先端の機器を取り入れている医院が多いです。そのため、クリニックごとにエラ削りによる切開部分の広さや入院期間、更に病室の快適さまで様々な違いがあります。本格的な整形は診察を受けたその日に手術を行うことはないため、いくつかのクリニックを受診して比較しながら慎重に手術を決めるといいでしょう。エラ削りを検討する際、医師が希望を聞きながら術後のシミュレーション画像を制作してくれます。その画像を参考資料とし、他の医院でのシミュレーションと比較する工夫をすることで、より理想的な効果を得られます。このように、エラ削りの整形を受けるためには自分でいくつかのクリニックの情報収集をし、積極的に医師に相談して整形を受けるクリニックを決定することが重要です。